英語子育て

小学校では英語の授業が始まり、高校の英語はオールイングリッシュの授業、TOEFL成績を大学受験資格に!?など、英語に関するニュースは多く、重要性はうなぎのぼりです。

 

日本に住みながらわが子をバイリンガルに育てたい!でもそんなにお金はかけたくない…じゃあこれって無理なのかしら??

 

方法が一つだけあります。

それは英語で子育てをすることです。

英語の環境を作ってあげれば良いのです。

 

おぎゃーと生まれてから、子供はママの声、テレビの音声、音楽など様々な日本語を耳にしています。ママが絵本の読み聞かせをしてあげれば、文字も目に入ってきます。

 

それを英語にしてあげるのです。

全て英語にする必要はありません。

例えばママがアメリカ人、パパが日本人とします。

家では、英語と日本語が飛び交うでしょう。

子供は英語・日本語両方を身に着けます。

片方だけの子供よりアウトプットは両方とも時間がかかります。

でもいつかあふれるように両方のアウトプットがでてきます。

そして確実にバイリンガルになります。

 

日本にいながらバイリンガルを育てるにはどうしたらいいのだろう?

それは英語教室を始めてから、浮かんだ素朴な疑問でした。

生徒様をそんな高いレベルに持っていけたらどんなに素晴らしいだろう。

よし!自分の子供で実験開始だ!

そして試行錯誤や情報収集が始まりました。

 

その時、こどもは1歳半。

現在3歳。

彼にとって英語は日本語と同じコミュニケーションのツールとなりました。

日本語が一語→二語文→三語文と出てくるように、

英語は単語→センテンスと出てきました。

 

3歳2か月現在、彼の英語力を紹介します。

知っている単語数は約300語。

こちらが言っていることは大体理解できる。

よく言う文やフレーズ(一例)…

What's this?  What's that?  Who's this?  It's too heavy.  Too big.  So funny!  Oh,no!  Wow!  Yahoo!  I love ~.  Where are you?  Please help me. 

Let's eat.  Let's draw.  Let's color.  Stay here.  Wait.  ~ is crying. 

Sorry.  Thank you.  You're welcome.  Breakfast time.  It's mine.  It's sunny.

 

長い文はまだ言えないのですが、なんでものんびりゆっくりな子なので、マイペースで成長していけばいいかなと思っています。

それでは、効果のある方法から順にご紹介していきます。

1.英語で話しかける

英語子育てにおいて、バイリンガルを育てる上で、絶対に欠かせないものです。

英語に苦手意識がある、恥ずかしいママにとってはハードルが少し高いかもしれません。

 

でもすべて英語で話しかける必要はありません。一日1文から始めればOKです。Hello!やLet's go!ならすぐ言えるでしょう。発音を気にする方がいらっしゃるかもしれませんが、英語のテレビ番組や本のCDなど利用すれば子供は正しい発音を認識できるようになりますので気にされなくて大丈夫です。

 

こちらのサイトは語りかけフレーズが紹介されていて、CDも販売されています。

http://eigode.info/

 

 

2. 英語のテレビ番組を見せる

こどもさんの年齢に合った、好きな番組を見せることが大事です。

例えば電車の好きな男の子だったらチャギントンという感じです。

英語であそぼは幼児ならみんな好きですね。

1日30分ほどでOKです。

 

こどもならではの英語もここから吸収して自然と言うようになります。

例えば滑り台をすべりながら"WHEE!"と言ったり、"Let's play hide and seek."と言って英語かくれんぼをさせられたりします。

"Ready or not, here I come."  "Come out, come out, wherever you are."

と決まり文句も言うようになります。

 

最初はただ見ているだけだな~、わかってんのかな~と思います。

でも焦らないことが大事です。

1番の英語での語りかけがあれば相互作用でアウトプットが必ず出てきます。

 

 

 

3.英語の本の読み聞かせ

準備中